オガケン日記

オガケン日記

チームオガケンから皆様へ日々の出来事を発信していきます!

2014/11/25 色選びのコツ!

外壁の塗替えリフォームでの悩みと言えば色選び。

「イメージチェンジしてみたい、でもやっぱりの合わないと困るので前と同じ色の方が…」「大胆な色にしてみたい、でもやっぱり飽きないように無難な色の方が…」と様々な思惑がいったりきたりします。そこで今回は色選びのヒントを少しご紹介しますね。

(さらに…)

2014/11/24 地震対策

つい先日、また大きな地震が長野県北部でありましたね。。

幸い死者もなくほっと胸をなでおろしました。

東北での大きな地震があってからは頻繁に地震が起きているように感じます。

地震対策はしていますか?

おそらく東北の地震があった際に防災グッズなどを買われた方も

多いかと思います。お水や食料品などは期限切れがないか定期的

にチェックが必要ですね!

さらに、新しく家具や本棚を買われた方は壁や床に固定しましょう!

shijin_taishin1

さらにお家のまわりの塀は大丈夫でしょうか?

石積みの塀や鉄筋の入っていないブロック塀などは大きな地震では倒れる可能性が高いのでお家の中だけでなく外側も確認してみましょう。

今回の地震で倒壊したお家は築年数が古いお家が多かったように感じます。

今までの地震での統計でも築年数が古いほど倒壊、半壊などが多かったようです。

特に昭和56年以前に建てられたものは現在の耐震基準を満たしていないので、チェックが必要です!

各自治体でも耐震診断や耐震補強など補助金を出しているところが多いので大きな地震が起こる前に確認してみてはいかがでしょうか?

さらに年数が経つごとにシロアリや腐食によって劣化している場合もあるので、定期的にお家のメンテナンスをおすすめします。

 

2014/11/20 シロアリ駆除・防蟻・防腐技術者 認定講習会

 

シロアリ駆除・防蟻・防腐技術者 認定講習会に参加した際の講習修了書が届きました。

講習はもちろん、実習もみっちりおこないました。

実は、シロアリはゴキブリの仲間(ゴキブリ目)で、

普段目にするクロアリ(ハチ目)とは分類が異なります。

「ゴキブリ」と聞くとゾッとしますね。

シロアリなんて我が家にはいない!と考えていませんか?

シロアリ対策は、早期発見が一番です。

被害があってからでは手遅れになることも….

シロアリにお困りの方、お気軽にご相談ください!!

images[1]

 

2014/11/15 リフォームで得する10の理由(キッチン編)

 

今回はリフォームで得する10の理由(キッチン編)のご紹介です。

(さらに…)

2014/11/10 リフォームで得する6つの理由(内装編)

 

今回はリフォームで得する6つの理由(内装編)のご紹介です。

(さらに…)

2014/11/05 リフォームで得する6つの理由(トイレ編)

 

今回はリフォームで得する6つの理由(トイレ編)のご紹介です。

(さらに…)

2014/10/30 リフォームで得する6つの理由(窓編)

 

今回はリフォームで得する6つの理由(窓編)のご紹介です。

(さらに…)

2014/10/25 リフォームで得する6つの理由(屋根編)

 

今回はリフォームで得する6つの理由(屋根編)のご紹介です。

(さらに…)

2014/10/20 省エネ住宅のすすめ

 最近よく目にする「省エネ」

LED照明を含め省エネ家電などつぎつぎとでてきていますが、

住宅自体も昨年の10月に省エネ基準が改正され、さらに省エネ化が進んでいます。

 

つい先日、勉強のために住宅省エネルギー技術講習を受けてきました。

その講習でびっくりしたことがありました。

なんと

「家庭内でのヒートショックでなくなる方が交通事故でなくなる方より多い!」

ということです。

ヒートショックとは

室温の急激な変化によって、血圧が急激に上昇・下降することで、心筋梗塞や脳血管障害などが発生することがあります。

東京ガス都市生活研究所によると、1年間にヒートショックが原因でなくなる人は推定14,000人で、交通事故の死者よりも多いといわれています。

 

 

そのヒートショックの原因となるのが

「部屋間の温度差」

断熱性のが低いと、居間などの南側の部屋と、日当たりが悪く暖房設備のない北側のトイレ・浴室などの部屋間で大きな温度差ができることで、ヒートショックの原因となります。

 断熱性能が高い住宅は、暖房していない部屋の温度も高くする効果(自然室温の向上)があるので、部屋間の温度差も小さくなります

「省エネ住宅の利点」

断熱化された省エネ住宅の利点をご紹介です。

①部屋間の温度差が小さくなる:ヒートショックの原因の低減

②冷暖房費の低減:省エネルギーで家計の負担軽減にもつながります。

③体感温度があがる:暖房時同じ室温にしていても、断熱化住宅の方が体感温度が高くなります。

④室内の上下温度差が小:断熱性能が不十分だと温度差が大きく、断熱化された住宅は温度差が小さい。

⑤暖まるまでの時間が短い:断熱化住宅では部屋が暖まりやすく、冷えにくくなります。

 

少しでも今後の参考にしていただければ幸いです。

住宅の省エネ化のすすめでした(^^)

無料相談・資料請求 無料診断できます! 0120-677-991 受付時間:7:00~19:00 年中無休

PAGE TOP